●大雪(たいせつ)
雪いよいよふりかさねる折からなればなり
No.017
オコト汁
12月8日と2月8日はコトの日。事始め、事納めとして小豆を入れたオコト汁(いとこ煮)。針供養の日は餡餅や饅頭を食べて裁縫の上達を祈り、13日の煤払いには煤掃き団子の小豆汁。荒神様、くど(かまど)に小豆飯。煤掃きの晩ゆえ汚れ飯と称した地方もあった様
小豆のイトコは誰?
いとこ煮は小豆と野菜の寄せ煮料理。語源にいわく、諸野菜を順々に煮る、追い追い煮るゆえオイ(甥)とオイでイトコとか。野菜どうしで近親のイトコとか。小豆の本当のイトコは誰でしょう?小豆の学名は、マメ科マメ亜科インゲンマメ連インゲンマメ亜連ササゲ属アズキ亜属Vigna angularis。長い研究で落ちつきました。科や連や属は分類体系ですがこれらでイトコが違ってきます。新しい品種作りの交配上や遺伝資源研究上重要なかかわりを持つのです。また野生アズキや雑草アズキの研究は小豆栽培起源の解明に欠かせません。ヤブツルアズキやヒメツルアズキ等の近縁野生種がイトコなのか、タケアズキやリョクトウ等の同じアズキ亜属の豆達がイトコなのか、まだまだ未知の分野が多いのです。現在の日本の赤い粒のアズキに至る永い道、その祖先からの道はベールの中のロマンの道。