●寒露(かんろ)
陰寒の気にあふれて露むすびこちんとすればなり
No.037
小豆はヒマラヤ生れ?
小豆の原産地は謎。中国江南地方の民族行事や儀礼などに小豆が登場し、ヒマラヤ地方に小豆の分布が少なくないことなどから、小豆の故郷は照葉樹林文化圏(西日本〜中国南部〜ヒマラヤ地方)のどこかだといわれています。小豆江南起源説、更にヒマラヤ起源説の可能性もあります。
赤と白の勢力争い?
秋の運動会。「赤勝て!白勝て!」の綱引き、赤白対抗騎馬戦…何故赤と白なのか?節分の豆まき。白い大豆で赤鬼退治。赤い小豆と白い大豆の関係は?「赤に特別な意味を見いだしていた古代中国文化が日本に伝わり小豆粥や赤飯を食べる風習が定着した」という説が有力ですが、大豆が果たしていた役割を小豆が代役するようになった、という考え方もあります。小豆の風習は数多くありますが、大豆の焦げ具合で天候を占ったり豆穀(大豆の茎)を燃やした火で神に祈願するなど大豆の風習も少なくはありませんでした。また赤と白の関係は「土着の神を信仰し赤米を食べる人達と外来の神を信仰し白米を食べる人達との対立から生れたのでは?」という考え方もあるそうです。何れにしろ赤と白はそれぞれに精神的、観念的な意味を持ち、ある時は対立しあう立場にあったように思えます。