●雨水(うすい)
陽気地上にはっし雪氷とけて雨水となればなり
No.070
初節句のお祝いは
女の子が生まれて初めて迎える桃の節句。雛人形を飾り家族揃ってのお祝い。最近お祝いのご馳走を外食やテイクアウトで済ます人もいますが、やはり手作りの料理も一品はほしいものです。小豆のお赤飯。料理の本をご覧下さい。作り方は簡単。愛情を込めて!
小豆の赤は蘇生の色
桃の節句、端午の節句、誕生日、結婚式、春祭りや収穫祭etc・・・・・・お祝い事は人生や一年間の中の一つの区切りでもあります。その時を境に新しい未来に向かって改めて歩み始めます。お祝いはいわば、より良く蘇るための儀式なのかも知れません。この儀式に赤飯や小豆飯など赤い小豆は頻繁に登場します。以前考古学ファンを興奮の渦に巻き込んだ奈良県天理市の黒塚古墳。その被葬者の胸元にあたる部分から水銀朱の固まりが出土しました。また石室内はほとんど真っ赤に染まっていたそうです。実は黒塚古墳の南東にある天神山古墳からも大量の水銀朱が見つかっており、また滋賀県の雪野山古墳でも葬儀儀式に使われたと思われる土器内に朱が残っていました。祝いと弔い、正反対のもののように思われますが、どちらも「蘇り」を強く祈り願う儀式です。小豆の赤は新たな希望の色なのです。