●清明(せいめい)
万物はっして清浄明潔なればこの芽は何の草としるる
No.073
目ばちこ治療に小豆?
瞼に小さな腫物ができる麦粒腫のことを“目ばちこ”とか“モノモライ”とかいいますが、この治療に小豆が効くという地方が多くあります。確かに、小豆はイライラ解消のビタミンB1や体内の代謝を活発にするB2などは豊富ですが、目ばちこに効くって本当かしら?
柳田國男もビックリ!
民俗学者、柳田國男は「モノモライの今ある療法には、新旧幾通りかのかなり奇抜なものが入り交じっている。前に挙げた東北三箇処の井戸へ小豆粒を落とすなどは、純然たる気休めに過ぎぬが、効があったと見えて遠くまで流布している」(筑摩書房発行 柳田國男全集17)といっています。ところで、御座候のお客様からこんなお便りを頂きました。季節を問わずアツアツの御座候と緑茶のひとときが楽しみだといわれる愛知県春日井市の藤井さんの幼少時代の思い出です。子供の頃、藤井さんが目ばちこになると、患った方の目で小豆を一粒挟み、井戸の縁にザルを半分のぞかせて、「早く治りますように」と念じながら、目に挟んだ小豆を井戸に落とす、というお呪いをされていたそうです。不思議に、目ばちこは治ったそうです。一度試してみて下さい!でも、いまどき、井戸を探すのにひと苦労しますね。